Cha道

Chatworkの「人」「組織」を
伝えるメディア

エンジニア

エンジニアコミュニティが生んでくれたChatworkとの縁。

何を大切にしてエンジニアのキャリアを歩むか?この答えに、そのエンジニアの価値観や哲学が表れます。フロントエンド開発部のテックリードである火村智彦はこれまで「自分自身も、そして周囲の人々も楽しくいられること」を大切にしてきたといいます。その…

インターンシップで感じた「みんなで開発をする楽しさ」が、就職の決め手に。

「インターンシップに興味はあるけれど、どんな基準で企業を選べばいいのか迷っている」「せっかくインターンシップで働くなら、自分が成長できるような企業がいい」こう考えている学生の方々はきっと多いのではないでしょうか。インターンシップは企業の雰…

社内システムに、 楽しさや創造力を刺激する何かを仕込む。

「効率性とガバナンスを重んじすぎると、社内システムがメンバーの創造力を劣化させかねない。むしろ高める方向に持っていく」と語るのは、コーポレート本部 副本部長兼CSE部マネージャーの須藤。彼は創業期のChatworkに入社し、10年に渡ってプロダクト開発…

開発組織の未来に向けて、ペダルを漕ぎ続ける。

開発組織を支えているのは、エンジニアやデザイナーといった職種のメンバーだけではありません。組織構造の設計や組織拡大のための採用・育成、社員が働きやすい環境づくりなどを担うメンバーもまた、開発組織にとって欠かせない存在です。 プロダクト本部 D…

鹿児島発・世界行き。安心と信頼をユーザーに届ける。

「自分たちが開発しているサービスを『これは絶対に世の中のためになる』と自信を持って提供したい。そんな仕事がしたくて、Chatworkに移ったんです」 鹿児島に在住しながらリモートワークを続けるエンジニアの新沼孝之は、Chatworkへの転職理由をこう語りま…

Chatworkでは、人と一緒に働くのが楽しい。こんな気持ちになれたことに驚いた。

小学生の頃からプログラミングに触れ、いくつものテック企業で経験を積んだ後にChatworkへ。テックリードの加藤潤一は「技術的難易度の高い仕事をしたくて、この会社に来た」と笑顔で語ります。そして、「人が魅力的だから、メンバーと一緒に働くのが楽しい…

みんないい人!ここまでフレンドリーでチャレンジングな職場は、たぶん海外にも無いよ。

ChatworkのiOSとAndroid開発のスクラムマスターは、ともに外国人が務めている。アメリカ出身のアダムと、フランス出身のジェローム。遠い異国からやってきたふたりは、Chatworkにジョインする前からの友人同士でもある。ふたりはどのようなキャリアを日本で…

フロントエンドエンジニアと学校の先生、 どちらも本業です。

Chatworkで技術的負債を解消しつつ、社外で小学校や専門学校の講師を務めている高瀬和之。エンジニアと講師業務を両立させている意味は何なのか。ロボット開発のベンチャー企業でのCTOに就いていた高瀬が、なぜChatworkにジョインしたのか。そして、どのよう…

炎上を血肉にして2代目CTOに。 何代にもわたって繁栄し続ける、 開発組織の基盤をつくりたい。

大学は文系。プログラミング経験も無いまま、電通国際情報サービスからリクルートへ。春日重俊は、数々のタフなプロジェクトを、時には炎上しながらも、全力で形にしてきた。そして、Chatworkの開発本部長を経て、2020年7月、2代目CTOに就任。CEO兼初代CTOの…