Cha道

Chatworkの「人」「組織」を
伝えるメディア

セールス

受注単価が30億円から500円に。 そこで初めて感じた、セールスとしての喜び。

新卒では年商数兆円規模の大手企業に入社。 大規模システムの営業として30億円の受注を果たしましたが、その直後にChatworkへと転職。まだ入社3年目だった田端 治紀は、仕事や環境に何を求めていたのか。 そして、Chatworkでセールスという役割を全うする中…

泥臭い仕事にまみれながら、30歳になるまでに僕が証明したいこと。

学生時代から個人事業主を経て、ベンチャー企業にて複数の事業の立ち上げを経験。出向した大手電力会社とのJVは初年度で黒字化を達成。その後、AIベンチャーのABEJAへと転職し事業開発を担い、Chatworkにジョイン。 若干27歳にして、複数のベンチャー企業で…

「クレームがほぼゼロ」のカスタマーサクセス。 だからこそ、その先の「究極の成功」を見てみたい。

セールスやマーケティング領域のキャリアを歩み、Chatworkでは「組織の立ち上げ屋」として会社の成長を担ってきた大河内 唱平。現在は、カスタマーサクセス部で介護業界のお客様と向き合っている。Chatworkを現場で有効活用いただくカギは何なのか。クレーム…

20分の商談の先には、 働き方の未来がある。

アパレル専門店のAOKIから不動産投資会社の営業を経て、Chatworkのインサイドセールスへ。宮本千聖は自らの仕事の根っ子を、「自分とのコミュニケーションを通じて、周りの人を少しでも笑顔にすること」と話してくれました。販売の仕事での経験が、今にどの…

海外のテックジャイアントには、 「日本流」のウェットなやり方で勝つ!

ザッパラス、シーエー・モバイル(現CAM)、エス・エム・エス 、LINE。各社で事業開発を務めて、今はChatworkでセールスチームを率いている黒田康仁。これまでのキャリアで何を得てきたのか、そして、紡ぎ出そうとしている未来と、足もとの課題とは?包み隠…