Cha道

Chatworkの「人」「組織」を
伝えるメディア

中途採用

自分の書いたプログラムで数千人の業務を改善。その経験がエンジニアリングの醍醐味に気づかせてくれた。

「イラストレーターになりたいのでは?」と思ったことも。迷走の末にたどり着いたエンジニアという天職。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

東京都庁を退職し、スタートアップを経てChatworkへ。行政で培った経験も活かしながら、社会に貢献するCSチームをつくりたい。

都庁職員を経て、ベンチャースタートアップへ転職。【社会のために】自分ができることとは。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

19歳で光通信に全てを捧げた営業が、入社半年で「The Model」に変革をもたらす

即決営業からThe Model型の営業に。SaaS業界のセールスとして新しい在り方を証明したい- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

ヤフー、PayPayでは、年間1000名超の「爆速採用」を指揮して事業成長を支えた。Chatworkではもっとダイレクトに、人と事業をつなげられる。

採用目標を達成し事業が日本に広がる瞬間を体感。事業に貢献していると肌で感じられる組織にしたい

何をやってもダメだ。もう自分の好きにやろう。そこからお客さんの反応が変わり始めた。

学生時代のアルバイトやインターンの経験が今の仕事につながった。 挫折から得たサクセスとしての僕のキャリア。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

人生の大半を費やす仕事だからこそ、楽しく創造的でありたい。

「働くをもっと楽しく、創造的に」というミッションに共感し入社。サービス開発にかける思いを聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

NHK記者から人事役員へ。共通点は、自分の弱さをさらけ出し、目の前の人に徹底的に向き合うこと。

NHKで放送記者として働き、一転してビジネスの道へ。過去のキャリアがどのように活きているか聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

受注単価が30億円から500円に。 そこで初めて感じた、セールスとしての喜び。

年商数兆円規模の大手企業から、Chatworkへと転職。Chatworkで何を実現したいのか、聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

鹿児島発・世界行き。安心と信頼をユーザーに届ける。

リモートワークで働くエンジニアに、キャリアや鹿児島に住む理由、Chatworkで実現したい夢を聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

プロジェクトの道しるべを示せるようなデザイナーでありたい。

プロダクト開発で“ユーザーの声を聞くこと”を大切にしているデザイナーに、今の考えにたどり着いた経緯を聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

「クレームがほぼゼロ」のカスタマーサクセス。 だからこそ、その先の「究極の成功」を見てみたい。

カスタマーサクセス部でお客様と向き合う社員に、クレームがほぼゼロの理由など余すところなく聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

20分の商談の先には、 働き方の未来がある。

アパレルから営業を経て、Chatworkのインサイドセールスへ。過去のキャリアや今の仕事について聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

組織のベクトルを一つにするために、 私はエンジニアでなくなってもいい。

エンジニアからプロダクトマネージャーに転身。プロダクトと組織、自分はどうあるべきか、語ってくれました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

ミッションは“ジャイアント・キリング”。 勝ちきることで、メンバーのキャリアに報いたい。

海外の競合企業に勝ちきるため、Chatworkにどのような強みをつくろうとしているか、聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

炎上を血肉にして2代目CTOに。 何代にもわたって繁栄し続ける、 開発組織の基盤をつくりたい。

Chatworkの2代目CTOに就任。初代CTOの山本正喜から何を受け継ぎ、何を変えていくのか?聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

海外のテックジャイアントには、 「日本流」のウェットなやり方で勝つ!

過去に事業開発を務め、今はChatworkのセールス部門マネージャー。これまでのキャリアと、未来を聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」