Cha道

Chatworkの「人」「組織」を
伝えるメディア

ビジネス

20代で起業、事業撤退、会社の売却。骨身に染みる挫折を味わった3人が、今、Chatworkの事業開発に集った理由

20代で起業、事業撤退、会社の売却。様々な経験をした3人が、Chatworkで何を成し遂げたいのか。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

何をやってもダメだ。もう自分の好きにやろう。そこからお客さんの反応が変わり始めた。

学生時代のアルバイトやインターンの経験が今の仕事につながった。 挫折から得たサクセスとしての僕のキャリア。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

Chatworkとの出会いが仕事人生を変えてくれた。その顧客体験を広げていくために戦略を磨き続ける。

ベンチャー業界で数多くの成功と失敗を経験。どのようにChatworkに行き着き、事業戦略を描いているか。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

月額1万円で進める「小さなDX」。そこに私の全てを注ぐ。

DXソリューション推進部の一員として提供する「DX」とは?そこに見出した仕事のやりがいについて聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

サービス業の過酷な現場で刻み込まれた痛みが、 デジタルなマーケティング活動に血と心を通わせる。

「現場で感じた格差や理不尽さを無くすため、デジタルの世界で活動してきた」と語るCMO。生き方や仕事について聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

受注単価が30億円から500円に。 そこで初めて感じた、セールスとしての喜び。

年商数兆円規模の大手企業から、Chatworkへと転職。Chatworkで何を実現したいのか、聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

泥臭い仕事にまみれながら、30歳になるまでに僕が証明したいこと。

複数ベンチャー企業での事業開発経験から、Chatworkへ入社。キャリアや成し遂げたい想いなど幅広く聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

ミッションは“ジャイアント・キリング”。 勝ちきることで、メンバーのキャリアに報いたい。

海外の競合企業に勝ちきるため、Chatworkにどのような強みをつくろうとしているか、聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」

海外のテックジャイアントには、 「日本流」のウェットなやり方で勝つ!

過去に事業開発を務め、今はChatworkのセールス部門マネージャー。これまでのキャリアと、未来を聞きました。- Chatworkの人と組織を伝える「Cha道」