Cha道

Chatworkの「人」「組織」を
伝えるメディア

ビジネス

月額1万円で進める「小さなDX」。そこに私の全てを注ぐ。

「私の仕事の原点は、保険会社のコールセンターのアルバイトで、事故やトラブルに遭った人の不安に寄り添ってきたこと」と、DXソリューション推進部の木村優美は語ります。Chatworkユーザーに対して、新規商材の導入促進を通じて、業務改善を図るのが彼女の…

サービス業の過酷な現場で刻み込まれた痛みが、 デジタルなマーケティング活動に血と心を通わせる。

紳士服や飲食チェーン店の現場に、20代の全てを捧げた大森。その後、楽天でECコンサルティング業務を手掛け、東証一部上場の人材系企業で執行役員を務めた後、2021年1月にChatworkにCMOとしてジョイン。「若い頃に現場で感じた、格差や理不尽さを無くすため…

受注単価が30億円から500円に。 そこで初めて感じた、セールスとしての喜び。

新卒では年商数兆円規模の大手企業に入社。 大規模システムの営業として30億円の受注を果たしましたが、その直後にChatworkへと転職。まだ入社3年目だった田端 治紀は、仕事や環境に何を求めていたのか。 そして、Chatworkでセールスという役割を全うする中…

泥臭い仕事にまみれながら、30歳になるまでに僕が証明したいこと。

学生時代から個人事業主を経て、ベンチャー企業にて複数の事業の立ち上げを経験。出向した大手電力会社とのJVは初年度で黒字化を達成。その後、AIベンチャーのABEJAへと転職し事業開発を担い、Chatworkにジョイン。 若干27歳にして、複数のベンチャー企業で…

ミッションは“ジャイアント・キリング”。 勝ちきることで、メンバーのキャリアに報いたい。

伊藤忠商事でIT関連の事業に携わりながら、時代の潮流を感じてベンチャーの世界へ。前職のエス・エム・エスでは、逆境にさらされながらも「介護 × IT」事業を一気にグロース。その原動力になった福田の想いとは何か?そして、Chatworkでは海外の競合企業に勝…

海外のテックジャイアントには、 「日本流」のウェットなやり方で勝つ!

ザッパラス、シーエー・モバイル(現CAM)、エス・エム・エス 、LINE。各社で事業開発を務めて、今はChatworkでセールスチームを率いている黒田康仁。これまでのキャリアで何を得てきたのか、そして、紡ぎ出そうとしている未来と、足もとの課題とは?包み隠…